外壁塗装の相場

レゴの工事現場

家を建てて10年ほど経つと、そろそろエクステリア関連のリフォーム工事が必要とされています。
とはいえ、特に破損もなく機能的に不満が見当たらないと、その必要性があるのかという疑問をあげる方も少なくないでしょう。
ただ、まず確認していただきたいのは、家の外壁です。
目視して、外壁にヒビ割れや剥がれがないか、日当たりの悪い部分に黒いカビ状のものがないか、また壁を触ってみて白い粉状のものが手につかないか等を確認してみると、いくつか当てはまるという方が多いようです。
実は、これらは全て外壁塗装の劣化を表しているのです。
外壁塗装は、住宅の美観を整えるだけでなく雨風や汚れた大気、紫外線等から家本体を守る役目があるのです。
ですから、これが劣化してしまうと家を守ることができず、内部にまで劣化が広がる可能性が考えられるため、できるだけ早急なリフォーム工事を施すことが求められます。

新築後、外壁塗装の塗り替え時期はおよそ10年前後と言われています。
この後、また何年かすると再塗装を施すことになりますが、その際には前回使用した塗料の種類によって耐久年数に違いがあるので注意が必要です。
外壁塗装の塗料は、アクリル樹脂塗料・ウレタン樹脂塗料・シリコン樹脂塗料・フッ素樹脂塗料の4種類が使用されています。
このうち、アクリル樹脂塗料は最も安価ですが耐久年数が5年程と短いため、またフッ素樹脂塗料は一般住宅用ではなく高層ビル等に扱うため、現在ほとんど使用されていません。
一般住宅に最も使用されているのは、ウレタン樹脂塗料です。
耐水性・耐候性、木材との相性の良さ、コストパフォーマンスの良さで人気のこの塗料の耐久年数は、7年から10年とされています。
ここ最近、ウレタン樹脂塗料の人気に迫る勢いなのがシリコン樹脂塗料です。
こちらはウレタンよりさらに耐水性・耐候性に優れた塗料で、しかも耐久年数が10年から13年と長いこともあって、こちらを選ぶ方が増えているのです。